睡眠の質アップと入浴の関係

睡眠の質アップと入浴の関係

皆様、こんにちは!

回生堂『つるぽか』スタッフです。

いつも当店をご利用いただきまして、
誠にありがとうございます。

4月は何かと忙しい季節。
十分な睡眠が取れていなかったり、
イマイチ身体の疲れが取れないと
いう方も多いのではないでしょうか

今回は、そんな方へのお役立ち情報をお届け!

就寝の1~2時間前のお風呂がベスト!

働き好きの日本人。毎日が疲れて大変。
その疲れをとるために最も重要なのは睡眠です。
睡眠は副交換神経を優位にして体を休ませ、
日中に消耗した器官の修復や
新たなエネルギーを貯蔵するための大切な時間。
 
実は入浴効果には、この大切な睡眠の質を
格段にアップさせるらしいです。
さぁ、ぐっすり眠って気持ちの良い朝を迎えましょう。
お風呂は就寝の1~2時間前がベスト。
お風呂で一旦、体を温めて、
その体温が下がる1~2時間の間で
布団に入るのが良いそうです。
 
そして、お風呂から出て、就寝までの間でスマホを見る、
仕事をするなどの体が緊張する行為は厳禁です。
せっかく、リラックスしてオフにした
スイッチがオンになってしまいます。
 
また、部屋を薄暗くして静寂を保ちましょう。
部屋を暗くすることで、睡眠の質を高める
「メラトニン」というホルモンが分泌され、
ぐっすり眠ることができます。
良い睡眠は良い入浴から!
 

保湿・うるおい肌のスキンケアをお風呂・入浴で
うるおい入浴液「つるぽか」 酵素風呂の回生堂