お風呂場のカビ予防

お風呂場のカビ予防

皆様、こんにちは!

回生堂『つるぽか』店長の桑名宏輔です。

いつも当店をご利用いただきまして、
誠にありがとうございます。

◆ 高温多湿時のお風呂場のカビ予防

今日も一日頑張ったから、ゆっくりお風呂でも…と思った矢先、
ふと、お風呂場の壁に目をやると、黒カビやピンク色のカビが…!

高温多湿になるこの季節のお風呂場は、カビがとても繁殖しやすいです。
カビは見た目や臭いが気になるだけでなく、健康にも影響を与えかねません。

そこで今回は、今すぐ使える、お風呂場のカビ予防をお伝えしようと思います。

◆ お風呂上がりの熱湯&冷水でカビを予防

お風呂上がりに、床や壁に45℃以上の熱湯をかけてください。
熱湯をかけることでカビ菌を死滅させ、繁殖を防ぐことができます。
また、汚れの原因である皮脂や、石鹸の泡なども洗い流せます。
熱湯をかけた後は、お風呂場が高温多湿の状態になっていまので、
冷水をかけて、お風呂場の温度を下げ、高湿度の状態を防ぎましょう。

◆ 水分を拭き取りましょう

毎回、入浴後に乾拭きをするのは大変かと思いますので、
お風呂場用のスキージーを用意し、軽く水切りを行いましょう。
水分を拭き取ることで、カビの繁殖をかなり防ぐことができます。
その後、乾燥機や換気扇で空気の入れかえを行うとさらに効果的です。

入浴後のひと手間で、お風呂場のカビを予防することが可能です。
汚れやカビが気になる方は、是非お試しいただければと存じます。